エストロゲン

セサミンが体にいい理由

セサミンは体にいいから、毎日の生活の中に摂りこんでいきましょうという言葉で行っているCMが流れるのですが、それはセサミンに魅力的な効果が含まれているからなんですよ。
セサミンの代表的な効果は、年を重ねても若々しい体を維持できるという効果で、生活を何年も送ってダメージを受けた体の機能を回復させてくれる機能があります。
結果的に若々しい体を維持できると内容になるのですが、その結果に行くまでにはセサミンの体に齎す様々な効果が影響しています。

まずはセサミンに含まれる血圧低下作用ですが、これは血管の状態を広げて、血液が流れるようにして、血管にかかる圧力を減らすという対応になります。
高血圧は40代を境にほとんどの方が抱える問題になるのですが、血圧にかかる圧力が高いという事はそれだけ血管に負荷を与えているという事になります。
つまり、血管が狭くなって、血液が流れにくくなっているので、結果として脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす原因となってしまいます。
生活習慣病ともされている高血圧をセサミンの血圧低下作用で防止する事が出来ます。

次にセサミンに含まれている悪玉コレステロールを減らす効果ですが、これは便秘の解消だったり腸内環境を整える役割を果たしてくれます。
現代の私達の生活をしているとどうしても偏った食事をしてしまうので、腸内の悪玉コレステロールが増加してしまい腸内環境が悪くなってしまいます。
そんな腸内環境を整えて、快適な生活が出来るように対応してくれるのがセサミンの悪玉菌コレステロールを減らす対応になります。

最後にセサミンでメタボを解消になるのですが、悪玉コレステロールを減らす働きと血管を広げて高血圧になる状況を予防する働きがメタボを解消へと導きます。
つまりメタボになる環境を作らないようにする事で、メタボになるとう状況を回避できるようにしてくれます。
そのため、体にいい理由は、このように体の悪い状況を改善してくれる働きがあるからとなっています。